結婚指輪をおしゃれに手作りしたい | 結婚指輪をオシャレに手作りしてみたい

結婚指輪をおしゃれに手作りしたい

せっかく結婚指輪を作るなら、できるだけおしゃれなものを手作りしたいですよね。
このときはどうすればいいでしょうか?
おしゃれな結婚指輪を手作りする基本的な方法は、おしゃれな指輪になるようにうまくデザインすることです。
いいデザインがわかれば、あとはそれに沿って作っていくだけです。
肝心なそのおしゃれなデザインとは、どんなものでしょうか?

▼目次

人気のデザイン

結婚指輪にもよく使われるおしゃれなデザインといえば、まずはウェーブがあります。
これはリング全体が緩やかに湾曲しているデザインとなりますから、その形状の通り、ウェーブと呼ばれます。
このような湾曲がなく、きれいな水平のリングになっているデザインをストレートといいますが、それに比べるとリングの形状自体がとてもおしゃれな印象の強い指輪になりますよ。
このデザインで手作りすると、簡単におしゃれな結婚指輪が手に入ります。

そのようなデザインはウェーブだけではありません。
V字というデザインもあります。
これはやはりリング全体が水平になっておらず、少し湾曲のあるデザインになるのですが、ウェーブのようにリング全体が波のように湾曲はしていません。
リングの正面となる部分を起点に、少しリングが上に持ち上がるような湾曲となっています。
そしてその起点部分を正面にしてみると、左右対称となる湾曲になっているのがわかるのも特徴です。
そして起点部分をみると、ちょうどV字に見えるようにリングが湾曲しているため、V字と呼ばれます。
ウェーブに比べると少しデザインが大人しいように見えるかもしれませんが、その代わりに落ち着いたおしゃれさがあるのが特徴です。
V字を選ぶことでも、いい結婚指輪を手作りできますよ。

さらにはX字というデザインもあります。
指輪とは1本の金属がリング状になったものが基本ですが、2〜3本のリングを特定の個所でクロスさせながら1つのリングとするデザインもあります。
複数のリングがクロスしているその箇所を見るとちょうどX字状になっているため、このデザインをX字というのです。
普通なら1つのリングで1つの指輪とするところ、それが複数に渡っているわけですから、非常に凝ったデザインとなり、おしゃれな指輪を好む方からも人気があるデザインです。

素材にこだわった指輪

また、複数のリングで1つの指輪となるため、素材を複数使う例もよくあります。
たとえば2つのリングで1つの指輪とするとき、片方をプラチナ、もう片方をゴールドといった素材にできるのです。
こうすると色の違う2つのリングがクロスして1つの指輪となりますから、非常におしゃれです。
このようなX字を結婚指輪のデザインに選んで手作りするのももちろんOKですから、おしゃれなものを希望するときには知っておきたいデザインですね。

このようにリング全体の基本的なデザインを工夫することでおしゃれな結婚指輪を手作りできますが、これのほかに宝石を使うことでも、同じようにおしゃれな結婚指輪を手作りしていけます。
実際に結婚指輪に宝石が使われる例も多いですから、おしゃれな指輪を希望する方は、これをうまく使ったデザインを考えてみるのもおすすめです。

宝石にこだわった指輪

宝石を使って簡単にできるおしゃれなデザインというと、たとえば小さな宝石をリングの正面にあしらうデザインです。
基本的なデザインをウェーブにしている場合、まるで波のようにリング全体が湾曲していることになりますよね。
このとき、そのリングの湾曲に沿うように、小さな宝石を何個か埋め込みます。
するとまるで波が日に当たって輝くように、リングの波の部分が宝石で輝くようになります。
ウェーブという基本的なデザインと小さな宝石とを組み合わせて作れる、おしゃれな手作り結婚指輪のデザインです。

宝石をもっと生かしたデザインとして、エタニティリングというデザインもあります。
これはリングの外周に小さな宝石を敷き詰めるように並べたデザインで、それぞれの宝石は小さくて目立たなくても、それを敷き詰めるように並べることで、全体的に指輪が輝いて見えるのが特徴です。
リング全体のデザインはストレートとなることが多いのですが、そのシンプルなデザイン以上にびっしりと並んだ宝石が特徴的で、非常におしゃれな印象の強い手作り結婚指輪となります。

エタニティリングには指輪の外周の半分にだけ宝石を並べるハーフエタニティと、指輪の外周すべてにこれを並べるフルエタニティとがあります。
ゴージャスでおしゃれな結婚指輪としたいなら、指輪の外周すべてに宝石が並んだフルエタニティが向いていますね。
ただ、それだけ多くの宝石を用意する必要があり、費用も高くなります。
ハーフにすると用意が必要な宝石の数が減り、費用もお安くなります。
そしてハーフでも十分におしゃれな結婚指輪になりますから、こちらもおすすめですよ。

おしゃれな結婚指輪を手作りしたいとき、それに向いているデザインを選んだり、宝石を活用することで、いい指輪を作れます。
それぞれのデザインのサンプルなどを見て、おしゃれだと思うデザインがあれば、積極的にそれを選ぶといいでしょう。

新着情報

結婚指輪購入口コミ「結婚をしたら指輪をするのが当たり前」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚0年9か月目です

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

一人1500円2人で3000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

子供ができ、結婚を決めた形だったので

お互いにお金もなく毎日カツカツの生活をしていました。

そんな時に、結婚もしたしとりあえず結婚指輪が必要だねという話になりましたが

お互いにお金もなく、買う余裕もなかったため、形だけでもと思い、安い結婚指輪を買いました。

ですが、その結婚指輪と思ってくれる気持ちが嬉しく、値段なんて気にしなかったです。

私自身、[結婚指輪=高いもの]という願望がない為、安くても余ったお金で2人で食事に行けたらいいなという考えでしたので

貰えたときはとても幸せでした。

実際、値段ではなくそのお互いを思う気持ちが大事だと思うんです。

大事に2人で永遠の愛を誓って付けた指輪はどんな指輪よりも大切でブランドです。

大切な指輪をありがとう。

という気持ちを持って毎日身に着けてます。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「結婚をしたら指輪をするのが当たり前」』

結婚指輪をオシャレに手作りしてみたい

結婚指輪とは?

結婚指輪の風習は明治に入ってからですが、今のように当たり前になったのは昭和になってからのことです。

生活が和式から洋式に大きく変わり、欧米風の結婚式が行われるようになりました。

欧米風の結婚式が広まったと同時に定着したのが、結婚指輪です。

現在は欧米風の結婚式だけでなく、神前式でも結婚指輪の交換が行われています。

結婚指輪は2人の愛の契りであると同時に、周りに既婚者であることを知らせている印です。

各ブランドは結婚指輪に深い意味を込めて、2人の愛情を確かなものにしてくれるでしょう。

≫ 『結婚指輪をオシャレに手作りしてみたい』

結婚指輪購入口コミ「品質重視で選びました」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

12年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

主人の指輪が10万円、私の指輪は8万円くらいでした。

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

私はピンクゴールドの地金の指輪を、主人はスーツに馴染むプラチナを希望していました。

色味はそれぞれの希望通りの地金にし、デザインはなるべくシンプルなものを選びました。

主人は男性なので、ごてごてしたデザインはNGで、私は重ねづけしたかったので、二人の好みを考えてシンプルなデザインにしました。

予算は特に決めてはいませんでしたが、婚約指輪がティファニーのかなり値の張る物だったので、あまり高くない方が良いかな。と思っていました。

しかし、婚約指輪以上に長く常に使用する結婚指輪は、耐久性も考えてあまり安いものは避けようという主人の提案があり、私も納得して品質重視で選ぶことにしました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「品質重視で選びました」』

結婚指輪の柄について

結婚指輪の柄

結婚指輪のデザインを決めるとき、柄もデザインの一種になりますよね。
どんな模様の指輪かで雰囲気も大きく変わります。
柄の入った指輪として、たとえばあるブランドでは星のモチーフが入っている指輪があります。
柄はリングに刻印されているというよりは彫り込まれており、立体的な柄となっています。
柄は一つだけではなくリングを一周するように彫られているため、カジュアルな印象が強い指輪です。
≫ 『結婚指輪の柄について』

結婚指輪購入口コミ「多少予算オーバーでしたが許容範囲と割り切りました」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚1年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

新婦が130,000円、新郎が110,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

まず妻の結婚指輪から先に選んだのですが妻ががキラキラとダイヤモンドが散りばめられたものが好みであり、その好みに合わせて指輪を絞って選択していきました。

最終的にはキラキラ光り輝く面と、シンプルなプラチナのみの面と、両方ケースバイケースでリバーシブル的な形で使用できるものにで、かつ婚約指輪と両方つけても遜色のないものを選びました。

私の指輪は妻の指輪のデザインと合うもので、かつシンプルなもの、はめた際に一番しっくりきたものを選びました。

料金の面でも、当初は20万円以内で考えていましたが、妻が好ましそうな指輪だったため、多少予算オーバーではありましたが許容範囲と割り切り、現在使用の結婚指輪に決めました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「多少予算オーバーでしたが許容範囲と割り切りました」』